MENU

目の奥のつらい痛みに効く!かすみ目に効果的なツボ!

毎日の業務で長時間デスクワークが多い人やパソコンへ向かう時間が長いという人に多いのが、疲れ目やかすみ目。目の奥が痛くて目のかすみがつらいという時に効果的なツボをご紹介します!

 

 

かすみ目の原因ってどんなものがあるの?

かすみ目の原因

 

長時間パソコンに向かった後、遠くを見ると、全体がぼやけて見えたり、一部がかすんで見えたりすることはありませんか?これは、目の筋肉疲労によるもの。ものを見るときのピントを合わせる調整機能が低下していることによる症状です。かすみ目は、目の疲れによるものが多く、その原因はさまざまなものがあります。

 

 

疲れ目

長時間のパソコンの作業やスマートフォンや携帯ゲームは、ディスプレイに神経が集中し、瞬きの回数が減少します。それによって目が乾き、疲れやすい状態になってしまいます。

 

 

ドライアイ

パソコンやスマートフォン、コンタクトなどが原因で涙の分泌量が減少し、目の表面が傷つきやすくなってしまっている状態をドライアイといいます。一般的に、目がゴロゴロしたり、疲れやすい・目の痛みなどの症状があります。

 

 

加齢

年齢とともに減少する「目のピント調節機能」。目の周りの筋肉が硬化することで、かすみ目が起こりやすくなります。近くのものを見たあと、遠くのものを見るときに、無理にピントをあわせようとするため、目の奥の痛みやかすみ目の症状が引き起こされてしまうのです。

 

 

目の病気

かすみ目には、深刻な目の病気である可能性もあります。場合によっては失明してしまうため、なかなかかすみ目が治らないと感じたときは、「たかが、目の疲れ」と楽観視せず、早めに眼科の診察を受けることをおすすめします。

 

 

白内障

目の老化現象の一つです。目の水晶体が濁ってしまい、見えるものがすべてぼんやりとかすんで見える症状。治療によってっ進行を遅らせることは可能ですが、完治させるためには、人口レンズをつける手術が必要となります。

 

 

緑内障

40代以降に多いといわれる緑内障。何らかの原因で眼圧が高まり、目の神経が侵されてしまう恐ろしい目の病気です。緑内障は長期間の治療が必要で、早期発見が何よりも重要。初期段階での自覚症状としては、かすみ目のほかに頭痛や吐き気といったものがあります。もし心当たりを感じたら、すぐに眼科を受診することをおすすめします。

 

 

かすみ目に効果のあるツボって?

かすみ目に効果のあるツボ

 

古くから東洋医学として使われてきたツボ。専門用語では「経穴」と呼ばれ、身体のエネルギーがたまる場所と考えられており、ツボを刺激することで気の流れを調整するものといわれています。

 

 

ツボを押すときのポイント3つ

まずは、ツボを押すときのコツであるポイントを確認しておきましょう。

 

 

清潔な手で押すこと

かすみ目や疲れ目に効果的なツボは、目の近くにあります。そのため、手についた汚れや細菌が目に入ることを防ぐため、ツボ押しの前には、手をきれいに洗っておきましょう。また、ツボを押す前に手を温めておくと、より心地よくツボ押しの効果を感じることができます。

 

 

指の腹で押すこと

ツボを押すときに、爪を立ててしまうと正しくツボを押せない上に、肌を傷つけてしまう可能性もあります。ツボを押すときは、指の腹を使って、ツボに対して垂直に押します。ツボ押しをするときは、押したときの指がずれたりしないよう、リラックスできる場所でゆっくりと行いましょう。

 

 

適度な力で押すこと

ツボを押すときに力いっぱいツボを押すと逆効果になってしまうことも。ツボ押しは、押したときに心地よいと感じるくらいの適度な強さで押しましょう。また、目の疲れは肩こりなどにも影響を与えます。ツボ押しの前に首や肩を軽く揉んでほぐしておくと、ツボ押しの効果も高まります。

 

 

ツボの押し方

正しいツボの押し方について確認しましょう。

 

 

 

@ ツボを押すときの時間は2〜3秒ほど。押すときに息を吸って、離すときに息を吐くことを意識して行いましょう。

 

A 1箇所につき5回〜10回ほど繰り返しツボを押します。眼球を押さないように注意しましょう。

 

 

かすみ目に効果のあるツボ

目に効果的なツボは、目の周りや首・肩に存在しています。

 

 

せいめい

目頭のその先にある、少しくぼんだ部分です。目の周りの血行を促進してくれる効果があります。

 

 

さんちく

眉毛のはじまりの辺りにあるツボです。目の疲れや視力低下に効果があります。

 

 

ぎょよう

まゆげの真ん中辺りにあるツボです。目の疲れや目のかすみに効果があります。

 

 

しちくくう

まゆげの終わりの部分にあるツボ。長時間目を酷使したときに感じる目の疲れや、充血などに効果があります。

 

 

たいよう

こめかみの部分にあるツボです。目の周りの血行を促進し、老眼などに効果があります。

 

 

しょうきゅう

目の下の骨の中央の辺りにあるツボ。目の疲れやむくみ、目のクマなどに効果があります。

 

 

どうしりょう

目尻の外側にあるツボです。目の疲れやかすみ目に効果があります。

 

 

ふうち

首の後ろ、左右のうなじの少し上にあるツボです。疲れ目や肩こりなどに効果があります。

 

 

てんちゅう

首の後ろ、左右の髪の生え際にあるツボです。血流を改善し、疲れ目・かすみ目に効果があります。

 

 

けんせい

首と肩の真ん中辺りにあるツボです。疲れ目や肩こりに効果があります。

 

 

かすみ目を予防するにはどうしたらいい?

かすみ目を予防するには

 

かすみ目を改善するためのツボ押しは、とても効果的ですが、ふだんから疲れ目やかすみ目を予防しておきたいものです。ここでは、かすみ目を予防するために効果的な習慣を見てみましょう。

 

 

たっぷりの睡眠

睡眠時は光を感じさせないため、まぶたを閉じている状態です。たっぷりの睡眠は、目をリラックスさせ、目の疲れを解消するためにとても効果的です。

 

 

目を温める

目のかすみや疲れを感じたら、温めたタオルなどで目を温めましょう。じんわりと目を温めることで、筋肉がほぐれ、目の疲れを軽減する効果があります。ドラッグストアなどで購入できる、目を温めてくれるアイマスクなども手軽に使えるので、とても便利です。

 

 

目を休ませる

スマートフォンやパソコンを使うときには、1時間ごとに15分ほど目を休ませるようにしましょう。遠くの景色を見たり、目のストレッチなどをこまめにすることで、目の疲れを軽減することができます。目の疲れによるかすみ目は、目を休ませることが一番の予防法。目を酷使しがちな現代だからこそ、心がけておきたい重要なポイントです。

 

 

目薬を利用する

ドラッグストアで購入できる、かすみ目・疲れ目対策のための目薬は、誰でも購入することが可能で手軽に利用できることもあり、かすみ目の予防にはおすすめです。かすみ目がひどいときには、眼科で処方されるピントを合わせるための調節機能のための目薬などを利用して改善することも可能。目の潤いを補給するためにも目薬は欠かせません。

 

 

コンタクトは毎日清潔なものを使う

多くの人が愛用しているコンタクトレンズ。目に直接触れるコンタクトレンズは、毎日清潔なものを使いましょう。コンタクトレンズの汚れが角膜を傷つけたり、疲れ目やかすみ目の原因となってしまう可能性もあります。コンタクトレンズと目のケアを毎日心がけてください。

 

 

まとめ

まとめ

 

疲れからくる目の痛みやかすみ目は、家事や育児、仕事など日常の生活に支障をきたしてしまう可能性もある、身近な症状のひとつです。

 

 

 

目を酷使することが多いデジタル化された現代。誰でも一度は、目の疲れやかすみ目を経験したことがあるのではないでしょうか。加齢や病気によるものは、病院を受診し、適切な治療が必要となりますが、デジタル機器の使いすぎやコンタクトレンズなどによるかすみ目は、自分でも予防や対策を行うことができます。

 

 

 

もし疲れ目を感じたら、今回ご紹介した、かすみ目や疲れ目に効くツボをよく理解して改善に役立ててください。ものを見るという大切な働きをしてくれる、私たちの目。日ごろのケアと十分な予防対策で、目に優しい生活を心がけたいものですね。



かすみ目解消サプリランキングへ戻る