MENU

原因別に使い分けよう!かすみ目に効くオススメの目薬

目の疲れやコンタクトレンズによるものなど、かすみ目の原因はさまざま。今回は、かすみ目に効くと評判の目薬のポイントを原因別にご紹介します!

 

 

かすみ目の原因って?

かすみ目の原因

 

全体的にモヤがかかっているように見える・または、見えている物の一部がぼやけてみえたりすることはありませんか?かすみ目は、長時間目を酷使したことによる疲れによるものが大きな原因の一つ。細かい作業やデジタル機器は神経を集中させるため、必要以上に目の筋肉も緊張し、目のピント機能の働きが低下してしまいます。

 

 

 

目の疲れは日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。かすみ目を治すには、早めのケアで適切に対処することが必要。まずは、かすみ目になってしまう原因を詳しく見てみましょう。

 

 

パソコンやスマートフォン

かすみ目の症状を引き起こす最大の原因は、目の疲れによるもの。中でもパソコンやスマートフォン・携帯などの長時間にわたる使用は、神経がディスプレイに集中するため、目を疲れさせてしまいます。さらにLED液晶画面から出るブルーライトが目に影響を与えているとも言われています。パソコンやスマートフォン・携帯ゲームを使うときは、明るいところで使う・正しい姿勢で使う・1時間ごとに休息をとるなど、目を休ませてあげましょう。

 

 

デスクワークや細かい作業

パソコンやスマートフォン同様、デスクワークや細かな作業を長時間続けていると、目のピント機能が低下してかすみ目を引き起こすことがあります。ときどき顔を上げて遠くのものをみる、目のマッサージをするなどのこまめなケアで、かすみ目の症状を和らげることができます。

 

 

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは、視力を矯正・補正するためのプラスチック製のレンズのこと。メガネをかける必要がないこともあり、今では多くの人が愛用しています。

 

 

 

しかし、直接角膜に触れる物なので、目のトラブルが多いのも実情です。コンタクトレンズによる目の疲れやかすみ目の原因を見てみましょう。

 

 

ドライアイ

コンタクトレンズをしている人に多いのが、ドライアイ。目が乾いていることにより、ピントが合わず、かすみ目を引き起こす場合があります。

 

 

傷や変形

コンタクトレンズ自体に傷が付いている・もしくは変形しているなどが原因となっている場合があります。コンタクトレンズはとてもデリケート。毎日きちんとお手入れすることが大切です。

 

 

度数が合っていない

購入したコンタクトレンズと裸眼の度数が合っていない場合、はっきりとものが見えません。視力が低下してしまったなどの可能性もあるため、コンタクトレンズを購入する際には、きちんと確認しましょう。

 

 

加齢

目のピント調節機能は、年齢とともに低下していきます。老眼や白内障などの症状も加齢によるものが大きく、かすみ目や疲れ目を感じやすくなってしまいます。長時間目を酷使しないよう、普段から目を休ませる習慣を身につけましょう。

 

 

かすみ目になるメカニズムって?

かすみ目になるメカニズム

 

「ものを見る」ということは、角膜を通って目に入った光が、水晶体で屈折してピントを合わせます。これが眼球の中の網膜に画像として映し出されたものが脳へ伝達され、映像となって残るという仕組みで成り立っています。

 

 

 

私たちの目は、見たものを映し出します。このときピントが合っていなければ、モヤがかかったようにぼんやりとぼけて見えてしまいます。

 

近くのもを見るとき、水晶体が厚くなり、水晶体を支えている筋肉が縮んだ状態になります。遠くのものを見るときは、水晶体は薄くなり、水晶体を支える筋肉は伸びた状態になります。これが、ピント調節機能と呼ばれる目の働きです。

 

 

 

年齢とともに、この水晶体を支える筋肉の柔軟性が失われていくため、ピント調節機能の働きが低下していきます。老眼や白内障などの症状には、このような原因があります。

 

しかし、パソコンやスマートフォン、細かい作業やデスクワーク・コンタクトレンズなどの物理的なものが原因の場合は、かすみ目を予防したり、症状を軽減したりすることもできます。

 

 

かすみ目にはどんな目薬がいいの?

かすみ目に効く目薬

 

ドラッグストアなどで市販されている目薬には、いろいろな種類がありますね。市販されている目薬の中で、最も種類が多いのが「一般点眼薬」。疲れ目やかすみ目に対応しているものも多く、目の充血やゴロツキを感じたときなどにも使われる目薬です。子供用から大人用まで幅広いニーズにも対応しており、コンタクトレンズを装着したままでも点眼できるタイプのものもあります。また、目をスッキリさせるためのクールタイプなどもあり、好みに合わせて選ぶことができます。

 

 

 

どんな目薬がかすみ目に効果があるのか、まずは目薬の種類についてざっくりと分けてみました。

 

 

目のピント調節を助けてくれるタイプ

目の疲れや、加齢によるピント調節機能の低下を助けてくれる成分が配合されたもの。ピント調整の改善効果の高い「メチル硫酸ネオスチグミン(ネオスチグミンメチル硫酸塩とも言われます)」や「ビタミンB12」などが配合されている目薬がオススメです。

 

 

目の代謝を活発にする栄養補給タイプ

目の疲れを改善するには、目の栄養を補給し、代謝を活発にする必要があります。デスクワークやパソコンでの作業が多いという人は、普段からこのタイプの目薬を使ってみるのもいいのではないでしょうか。オススメは、筋肉の正常な働きをサポートする「L-アスパラギン酸カリウムや、代謝を促してくれる「パントテン酸」や「ビタミンE」、眼精疲労に効果のある「ビタミンB」、「パンテノール」などが配合されているものを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 

角膜に潤いを与えるタイプ

角膜が乾いたり傷ついたりすると、ドライアイを引き起こしてしまうことがあります。ドライアイもかすみ目や疲れ目の原因になってしまうため、日頃のケアが必要です。オススメは、とろみのある潤い成分が配合されているもの。さらに軟骨に多く含まれており、優れた保水性と弾力性を持つ「コンドロイチン硫酸ナトリウム」や、目の粘膜を正常に調節してくれる「フラビンアデニンジヌクレオチド」などの成分が配合されている目薬が良いでしょう。

 

 

まとめ

かすみ目 目薬まとめ

 

最後に目薬を使うときの注意点を確認しておきましょう。

 

 

清潔な手で点眼する

目はとてもデリケートです。手についた細菌が目に入ってアレルギーを引き起こす可能性もあります。目薬を使う前には、必ず手を洗い、清潔にしておきましょう。

 

 

目薬は共有しない

目薬の容器が目や口などの粘膜に触れないように点眼することも必要ですが、人と共有しないことも重要。容器についた細菌も一緒に共有してしまうことも考えられます。目薬のキャップも容器に触れる部分を上向きにして、安定した場所に置いてから点眼しましょう。

 

 

目薬をさした後パチパチしない

目薬をさしたあとは、20秒ほど目を閉じましょう。パチパチとまばたきをしなくても目薬は全体に行き渡ります。角膜へじっくりと浸透させることが大切です。

 

 

目薬は冷暗所で保管

一度開けた目薬は、光の入らないように専用の保管袋に入れて冷暗所で保管しましょう。目薬の成分は光に弱く、化学反応を起こして品質が変わってしまうものもあります。遮光の専用袋に入れて、暗いところで保管しましょう。

 

 

使用期限に注意

いくら専用袋に入れて冷暗所で保管したとしても、目薬の使用期限は守りましょう。品質が変わってしまい、効果が感じられないこともあります。使用の目安はおよそ1ヶ月。目薬に記載されている日付を必ず確認しておきましょう。

 

 

 

かすみ目を保護するタイプの目薬にはたくさんの種類があります。ここでご紹介したオススメ成分を理解して、かすみ目に効く、自分にぴったりの目薬を見つけてください。