MENU

かすみ目でイライラ!そんなときのためのバッチリ対策法

パソコンに向かって仕事をしていたり、ネットサーフィンを楽しんでいる最中、突然目の前の景色がぼんやりとしてきた……。こんな経験、誰もが一度はあるのではないでしょうか。

 

 

 

こうしたかすみ目はさまざまな事柄が起因して発生すると言われています。中には重大な病気のサインとなっている可能性もあり、そのような場合は放っておくと大惨事になりかねません。

 

 

 

今回は、そんなことにならないためのかすみ目対策についてお話しましょう。

 

 

 

かすみ目、その原因とは何?

不意にぼんやりとやってくる、そのかすみ目。いったいなぜ起こるのでしょうか。さまざまな原因があるとされていますが、それはいったいどのようなものなのか、解説していきましょう。

 

 

眼精疲労

 

かすみ目の主な原因としては、目の疲労が考えられるでしょう。毛様体筋という筋肉が自在に収縮することによって、人間の目というのは正常に機能しているのですが、これが長時間にわたる極度の緊張によって疲労してしまうと、ピントを正常に合わせることができなくなってしまいます。この状態はいわば、壊れたカメラのようなもの。撮りたいものがぼやけてしまってちゃんと撮れない状態なのです。

 

 

 

なので、パソコンなどを使って仕事をしている場合は、適度に休憩をとるようにしましょう。1時間につき15分程度が適切です。

 

 

 

栄養不足

 

疲労だけでなく、摂取している栄養が不足していても、かすみの原因につながります。

 

 

 

特に大きな要因となるのがビタミンB群の欠如です。視神経の働きをサポートするこの成分が欠けてしまっていると、目は途端に疲れやすくなってしまい、かすみやすくなってしまいます

 

 

 

夜遅くまで仕事をされている方の場合、太陽の光を浴びる機会が少なく、食事も偏りがちなので、これに該当しやすいようです。

 

 

 

白内障

 

かすみ目の原因としてもっとも恐ろしいのが、白内障です。レンズの役割を担う水晶体が濁ってしまうことで、視覚機能が大幅に低下してしまうこの病気の初期症状として、かすみ目が発生する場合があります。

 

 

 

適切な食事を摂取し、大して目を使ってもいないのにかすみ目が常時続くという場合は、この白内障を患っている可能性があるので、すぐ眼科へいきましょう。処置が早ければ、眼球の劣化を最小限に抑えられます。

 

 

 

かすみ目対策に効く3つの方法

肝心なときに発生して仕事や遊びの邪魔をしてくるかすみ目、本当に厄介ですよね。これを撃退、抑制するにはいったいどのような方法がよいのでしょうか。数ある方法のなかから、特に有効とされている3つをご紹介しましょう。

 

 

 

サプリメント

 

ドラッグストアだけでなく、今やコンビニでも購入が可能なサプリメントで、かすみ目を改善することが可能です。サプリにはさまざまな種類がありますが、目への効果を期待するならビタミンBやアントシアニンの入ったものがよいでしょう。

 

 

 

摂取方法は、決まったタイミングで決まった量を水かお湯で飲むだけ。お手軽に続けられます。

 

 

 

ツボ押し

 

直接的な効果がほしい場合は、ツボ押しなどが有効です。目の神経に関連するツボを刺激することによって、ポジティブな効き目を期待できます。

 

 

 

かすみ目対策にオススメのツボとしては、瞳のすぐ下にあるくぼみの「承泣」に、目頭の上にある「清明」、こめかみすぐ上の「太陽」などがあります。いずれのツボも、強すぎず弱すぎず、適切な力加減で押してください。また、眼球を押さえると目を傷つけてしまうので、位置には十分注意しましょう。

 

 

 

食事療法

 

栄養不足によってかすみ目が発生している可能性が高い方に対し、特に有効な方法です。日々の食事メニューを少しだけ変化させることによって、目に有効な栄養素を豊富に摂取できるようにします。

 

 

 

オススメの食材は、アントシアニンが含まれたブルーベリーに、ビタミンB2が含まれたレバーや納豆、ビタミンB6が含まれた鮭やサバなどです。メインのおかずやデザートとして、どんどん組み込んでいきましょう。

 

 

 

また、コンビニ弁当やインスタント食品の類は、なるべく控えるようにしましょう。目によいとされる成分がこれらにはあまり含まれていないので、それだけ栄養を摂取する機会が失われてしまいます。

 

 

 

かすみ目の危険性を知る体験談

多くの人が必ず一度は経験するであろうかすみ目ですが、それに秘められた危険性については、まだ広く知られていないようです。

 

 

 

かすみ目を放置しているといったいどのようなことが起こるのか、実際の体験談をもとにご理解ください。

 

 

 

Aさん:会社員43歳

 

パソコンを多分に使う仕事なので、目はとにかく疲れっぱなし。ぼんやりとかすんでしまうことなんて多々ありましたが、いつも眠れば治ってしまうので、それほど重大なことだとは考えていませんでした。

 

 

 

ところがある日の朝、起きてもかすみ目がまったく治っていなかったのです。おかしいなと思いつつも出社し、仕事を続けていてもぼんやりはまったく収まらず。書類もよく読めないのでこれは困ったぞと、会社を早退して眼科へ行ったところ、なんと失明に至るほどの眼病の兆候が見られるとの診断結果が! 早期に対処したため大事には至りませんでしたが、危ういところでした。

 

 

 

Cさん:デザイナー34歳

 

仕事柄、パソコンの操作が書かせない私。常に目を酷使しているという自覚はありましたが「まあ別にいいや」とほったらかしで、特に対策をするといったようなことはまったく考えていませんでした。そりゃ目がかすむこともしばしばありましたが、それほど怖いことじゃないなと思っていたんです。

 

 

 

ところがある日、得意先へ車へ向かう途中、突如目がくらんできました。「危ない!」と急ブレーキを踏んだのが正解で、車のすぐ前には子供が!

 

あやうく大事故を起こしてしまうところだったのです。

 

 

 

そのことがあってから、かすみ予防にしっかり休憩を行うようにしています。

 

 

 

かすみ目対策に役立つグッズ紹介

かすみ目は時として大事故や失明につながりかねない事態を招いてしまうこともありますが、対策さえしていれば難なく改善することができます。

 

 

 

この項目では、かすみ目の予防、改善に役立つ便利グッズをご紹介しましょう。

 

 

 

ブルーライトレンズ

 

パソコンやスマホのディスプレイからは「ブルーライト」と呼ばれる特殊な光が発生しているそうです。このブルーライトが目の筋肉を極度に緊張させてしまうことによって、通常よりも疲労しやすくなってしまうといわれています。

 

 

 

家電量販店等で販売されているブルーライトレンズがあれば、このブルーライトを3割〜5割カットできるとされています。日々パソコンやスマホを手放せない方にとっては、うってつけのアイテムといえますね。

 

 

 

視力回復トレーニング本

 

眼球筋肉のトレーニングを行うことによって、目の筋肉が疲れにくくなるという意見があります。その理論に基づき、さまざまな目のテクニックが記載されたているのが、書店等で販売されている視力回復トレーニング本です。

 

 

 

トレーニング内容はさまざまで、中には楽しく目を鍛えることのできるものもあるようです。暇なときにはこの本で簡単な訓練をしてみませんか?

 

 

 

まとめ〜かすみ目は病気事故の元、対策を怠らないで〜

以上、かすみ目の危険性、その対策に関するさまざまな情報をお伝えしました。

 

 

 

パソコンやスマホが爆発的に普及した現代において、かすみ目という症状はなかなか避けづらい現代病ともいうべきものになっています。かすみ目そのものは大したことではありませんが、それを放っておくと大事につながる可能性も十分にあります

 

 

 

なので、しっかりした対策を把握しておく必要があります。パソコンを仕事に使っておられる方であれば特に本腰を入れた改善法、予防法を実践しておくべきでしょう。

 

 

 

気持ちよいお仕事、楽しいネットサーフィンのために、かすみ目はシャットアウト。それが豊かな毎日の秘訣です。



かすみ目解消サプリランキングへ戻る